PC版に続いてアーケード版予選まで絶不調だったがにこころんさんを身代わりにしてもろ回収期受けてもらって降格だけは免れたのがこれまでの状況でした。もちろん、こころんさんも健闘はしたものの予選通過ならずでした。
予選は決勝に進出できればいいので決勝で良い結果が出ることを願って挑んだのであった。
すると、予選のときとはうってかわって好調で3連勝を2回したり役満2回出したりして結果+293.6で終了。入選は確実なものになった。
決勝結果
そして・・・
祝・上級段位昇格!
ついに上級段位に到達したのです!!
決勝中に昇格したのでさらに入選特典で幻球もらえます。
動画などのまとめはまたあとで。

続いて・・・6月下旬ごろにMASCHINE STUDIO買ってから地味に音楽制作するも公開にはいたらないものばかりだった。
今度はKOMPLETE 10 ULTIMATEというNative Instruments製ソフト音源とエフェクトのパッケージソフトを導入し、音色の自由度はだいぶ上がってはきたが全て使いこなすのは無理だろうww
KOMPLETE 10 ULTIMATE
インストールにはかなり時間を要しました。それよりも一度に340GBの空きが必要だからかなりの膨大ものです。
ただHDDからのインストールなので時間はかかるが1回でインストールは終わりますが、それがULTIMATEでなければ数枚のDVDを入れ替えながらインストールするのだからかなり大変そうです。
それ以前にも当初の環境ではHDD残量が足りないので大容量HDDに交換してWindowsもクリーンインストールしてまっさらな状態にしてからインストールしましたとさ。
ちなみにシステム側は2TBで、もうひとつは4TBの合計6TBもの容量になったのです。あれだけMJ動画を詰め込めば当然このぐらいは無いとね。

今回買ったのはクロスグレード版で特定の同社製品を持っているユーザー向けで私のようなMASCHINE STUDIO持っているユーザーなら安く購入できるバージョンです。クロスグレード版は86,800円ですがそれが通常版だと119,800円となかなか手が届かない値段です。しかもそれが学生DTMerだと手が出せません。特に高校生は。

しかしインストールは終わったもののアクティベーション作業でつまづく。クロスグレード対象製品のライセンスがないことを理由に認証失敗。
何度試みても認証されないのでサポートに問い合わせ入れると製品のシリアルナンバー・バーコード・レシートの写真を送るように言われ、送信したところメーカー側のミスであることが判明した。すぐさま反映させたとのことで再びアクティベートして無事完了しました。面倒くさいな?もう
ちなみにROUNDSとKONTOURだけインストールディスクには無く、ダウンロード対応だったのです。
連携されたインストゥルメント
もちろん、MASCHINEに完全対応。先日バージョン2.2にアップデートしたばかりでこのようにインストゥルメントが連携されます。
新DTM環境
これが今のDTM環境です。
クリーンインストール時にオーディオインターフェースを破壊してしまい、KOMPLETE 10 ULTIMATEのついでに買い換えたもので今度はループバック対応機種にしました。
DAWはUR44付属のCubase AI 7で作成できるトラック数は制限されるが主な目的はボカロとのミキシング用途くらいなのでこれで十分でしょう。
予選通過ならず